犬の癌には要注意|ワンランク上の意識を持ってガーンとならない生活

犬

癌になる原因に注意

犬

犬も癌になる可能性があり、私達と同じ様に発症してしまうと苦しい闘病生活を送ることになってしまうので、癌にならないように日常生活から心掛ける必要があります。基本的に癌は体内で生成されるものですが、正常な状態で排除出来るものが異常な状態になることで適切に排除する事ができなくなり、異常増殖によって癌が発症してしまいます。原因になる要因は様々なので、一つでも多くの原因を知る事で、犬が発症するリスクを軽減するように意識しましょう。一つはどうしようもない事ですが老化が原因です。年齢と共に分泌される成分なども減っていくので、癌細胞の増殖を防ぎきれなくなることがあります。人間の2倍の発症率と言われていますが、世界が平和になり、医師の腕も上がった事で平均寿命が上がるのに比例して癌発症率も高まっています。健康的な生活が過ごせるように犬をサポートしましょう。

これから紹介する事は対策をする事が可能な事もあります。紫外線も犬の癌の原因の一つとして上がっており、紫外線が細胞内のDNAに被害を与える事があります。小さなダメージを受けたDNAが正常な働きが出来ない状態で分裂を繰り返す事で徐々に正常でない細胞が増えます。皮膚がんなどになる事も多くなるので、浴びすぎには注意しましょう。特に耳や鼻先などで発症しやすいので守ってあげると良いでしょう。放射線も紫外線と同じ理由で危険なので、放射線に近づけない事も大切な要因の一つとなります。ウイルスが原因になる可能性もあります。悪性でない場合は自然回復で治りますが、一部のウイルスによって良性多発性皮膚乳頭腫となる事があるので、病気の場合は癌診断もかねて獣医に見てもらうと一石二鳥となります。他にも、科学物質や地場、受動喫煙や骨折などの原因でもなる可能性が高まるので警戒しましょう。